名刺

効果的な名刺作成のポイントやデザインとオーダーの基本について

名刺は2パターン作成する

名刺交換

「名刺」は見やすさが要です。柄や文字がごちゃごちゃしていると見にくくなってしまうので、スッキリしたデザインを制作しましょう。たくさん情報を詰めこもうとすると、文字と文字が詰まりすぎてしまうおそれもあります。そうならないために間隔を取りましょう。余白は余分なスペースと考える人もいますが、実はそうではありません。余白があることでバランスが良くなり見やすさもアップします。顔写真を入れると顔を覚えてもらえて良いのですが、プライバシーの面で心配です。顔を覚えてもらいたいが写真を入れるのは抵抗があると考える人も多いのではないでしょうか。そんな人は似顔絵を入れると良いでしょう。そっくりでなくても良いのです。髪型や顔のかたちなど雰囲気が分かればじゅうぶん伝わります。
また、ビジネスではきちんとした印象、プライベートは華やかでオシャレなデザインというように使い分けるのも良い方法です。堅苦しいビジネス用の名刺は目上の人用に、デザイン重視の名刺は同世代や交流を深めるために渡しましょう。制作費用は余計にかかってしまいますが、目上の人にデザイン重視の名刺を渡すと失礼にあたる場合があります。どちらを渡すかは、そのときのシーンで判断すると良いでしょう。

recent news

男性

素敵な名刺デザインへの一歩

突然ですが、皆さんは自分の名刺を持っていますか?社会人の方であれば特に、名刺を渡す場面も受け取る場面も多いのではないかと思います。 名刺とはいわば初めて会った相手に自分を知ってもらう為の、『玄関…

more

名刺交換

名刺は2パターン作成する

「名刺」は見やすさが要です。柄や文字がごちゃごちゃしていると見にくくなってしまうので、スッキリしたデザインを制作しましょう。たくさん情報を詰めこもうとすると、文字と文字が詰まりすぎてしまうおそれ…

more

名刺と箱

名刺作成をする際のポイント

社会人になって名刺を作る方も多いのではないでしょうか。今回は、名刺作成をする際のポイントについて、少しだけ考えてみることにします。まずは、自分で作るか業者に作ってもらうか考えることが大切になると…

more

名刺を持っている人

自分の気持ちを込めた名刺作成

私は自営業を始めて15年になりますが 、今まで一度も業者さんに名刺作成を依頼したことがありません。全て自分でパソコンを使って名刺を作成しています。自営業を始めた頃はまだ名刺作成におけるソフトが十…

more